太陽光発電はこんなに良い
→CO2を出さない、クリーンな太陽光発電
太陽光発電は地球温暖化の原因となっているCO2等を一切排出しない、

「創エネルギー」システム。これからの生活を支える自家発電として

もっとも注目を集めています。又蓄電池と組み合わせた、災害にも強い

ゼロエネルギーハウスなど、今後も大いに期待されています。

→発電して余った電気は売るという、無駄のないシステム
発電して使っても余った電気は電力会社に売り、

雨の日などの 発電量が足りない時や発電しない夜間は従来通り購入。

電力会社との系統連系により、電気の売り買いを自動で行います。

→安く使って高く売ることが出来る、『時間帯別電灯契約』
太陽光発電を上手に活用できる電気料金メニューのひとつ。 

昼間の余った電気は割高な料金で売り、電気が必要な夜間は 割安で利用できます。

夜間稼動する電気温水器などを使うと 経済的効果が高まります。
→カラー電力モニターでリアルタイムに我が家の電気の事がわかります。
電力、消費電力量、売買電力量など今の電気の状態をイラスト

入りカラフルな画面でわかりやすく表示。鮮やかなカラー液晶で

見やすく、楽しくチェックできます。

我が家の電気のことがわかってくると、節電がいつの間にか習慣に。
太陽光発電システム電気系統配線図
@太陽の光から電気をつくる。【太陽電池モジュール】
このパネルで太陽の光を受けて、効率よく電気をつくります。    
図は、切妻屋根用のモジュールですが、寄棟用のモジュールもあります。
A家庭で使える電力に変換する【パワーコンディショナ】
太陽電池モジュールで発電された電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。
さらにシステム全体の運転を自動管理します。
B電力を各電気機器に送る。【屋内分電盤】
発電した電力を各部屋で使えるように送ります。
C売る電力と買う電力を量る【電力量計】
発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
当社の太陽光発電設備 4.68KW
当社の太陽光発電設備の年間発電量(2014年)
当社の太陽光発電設備の年間発電量(2015年)
当社の太陽光発電設備の年間推移(2011-2015)
太陽光発電のよくあるご質問
Q1.モジュールを設置する屋根の方位によって発電量は変わりますか?
方位によって発電量は変わります。
【南側を100%とした場合】 ■東と西は約85% ■南東、南西は約96% ■北側は約66%となり
※北側設置はおすすめできません。
Q2.太陽光発電システムの操作は難しいですか?
全て自動運転で日々の操作は不要です。太陽電池モジュールに光が当たると運転を開始し
、 光が当たらなくなると運転を停止します。
運転状況(発電量他)はモニタ画面で確認することができます。
Q3.発電した電気を貯めておく事はできますか?
できません。しかしながら、最近家庭用の比較的小型の蓄電池が色々と発売されてきており、
電力会社との買取契約期間終了後は、
貯めた電気を上手に使用したり、PHV(プラグインハイブリッド)や
電気自動車から住宅に電力を供給するなど、様々な形態を選択出来るように進化しています。
Q4.セル変換効率とは?
太陽電池に入射した光のエネルギーをどれだけ電気に変えられるかを示す性能値のことで
変換効率が高いほど、太陽エネルギーをより多く電気に変えることができます。
 〔例〕セル変換効率20%とは・・・ 太陽エネルギーは、1uの太陽電池に当てたときに
太陽電池が200Wの電気を作るとするとその太陽電池のセル変換効率は20%となります。
Q5.ごみやほこりによる発電量の影響は?
太陽電池にゴミやほこり、砂ぼこり、等が付けば発電量3〜5%程度ダウンすることもありますが
、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。
一般の住宅地区では、塵などの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要はほとんどありません。
また、木の葉や鳥の糞などが、部分的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。
ただし、交通量の多い道路への隣接地域では油性浮遊物が付着し、
降雨だけでは流されない場合があります。平均的な都市部で、汚れによる出力低下はおよそ5%以下です。
Q6.モジュールが壊れた場合、修理は可能ですか?
万一、モジュールの一部が破損した場合
そのモジュールを接続しているシステム(1系統)の発電は停止します。
この場合、破損したモジュールを交換すれば元の発電可能な状態になります。
また、太陽光発電システムを導入して10年以内であれば
ユーザー補償制度※に基づき無償修理・交換いたします。
 ※(SUNVISTA総合補償制度)
Q7.停電した時は使えますか?
晴天の昼間であれば、専用コンセントから最大1500W※まで使用できます。
発電量は天候により変動し、運転している機器の負荷よりも発電量が少ない時は
パワーコンディショナの運転を停止します。
※起動電流の多い一部機器は使用出来ません・・・〔例〕モーターを搭載した機器  
Q8.雷に対する対策は?
過去30年間に太陽電池が直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。
一般の屋外設置の電気機器でもごく稀に被害を受ける例もありますが
これらは直接落雷ではなく、間接的な誘導電流が流れることによって受ける被害です。
一般住宅として屋外に設置されている他の電気機器同様
太陽電池だからといって落雷を受け易い理由はありません。
落雷の懸念が全くないわけではありませんが、太陽電池システムとして落雷対策は
回路内に一定性能のサージアブソーバ(避雷素子)等を設置して誘導雷対策を行い
被害を食い止める策をとっています。
Q9.地震に対する強度は?
太陽電池モジュールおよび架台の重さは、同面積の和瓦に比べ1/4〜1/5と軽く
屋根への荷重は通常の家では問題ありません。
また、ねじれ・振動などの確認試験や強度計算等充分な検討をした上で設計されています。
Q10.風、台風に対する対策は?
屋根への太陽電池の取り付け強度は、建設基準法にもとづき
(旧基準法では風速60m/s地上15m)の強風にも耐えるよう設計されていますのでご安心ください。
沖縄諸島など更に強度を要求される地域、塩害対策が必要な地域には
それぞれ専用のモジュール、架台が用意されています。
また熊本地震の際も、野立ての太陽光発電設備については
甚大な被害を被った発電所は、少なかったようです。
Q11.雹(ひょう)でモジュールが割れる事はありませんか?
モジュールのガラス面はJIS規格(1mの高さから227g直径38mmの硬球を落下させ、これに耐えること)
に適合した約3mm厚以上の強化ガラスを使用しており、雹で割れることはまずありません。
耐衝撃性能は通常の屋根材と同等と考えてください。
Q12.屋根勾配(傾斜角)によって発電量はどの程度違いますか?
傾斜角は30度前後が理想です(地域によって異なります)。
傾斜角は小さすぎても大きすぎても発電量は少なくなります。
傾斜角20度の場合、30度に比べて発電量は約2%程度低下します。
Q13.設置場所の高さの制限はありますか?
さは地上13m迄です。これより高い場所(13m以上31m未満)には
「高所用太陽電池モジュール」を用意しています。〔建築基準法 施工令第87条〕

COPYRIGHT(C)2016 中部電工株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.